加賀梨のおいしさのヒミツ

おいしい水と空気

おいしい水と空気

木々、山々に囲まれた水と空気の澄んだ自然の中でのびのびと育てております。また昼夜の寒暖の差もあり、果物がおいしく育つ環境に適しています。

太陽の恵みたっぷり

実が小さいときからあえて袋がけせず、お日さまの光をたっぷりと浴びせ果実を甘くします。

ミツバチがお手伝い

できるだけ自然の力を借りて育てました。ミツバチたちが梨の受粉をお手伝いしてくれるように、安全な自然交配環境を維持しております。

あえての手作業

草刈りは除草剤を使わずに手作業で行います。作業は大変ですが、これも安心して梨をお届けするためならと思いそうしております。

光のガードマン

梨の害虫であるシンクイ虫の成虫などの蛾が嫌う光の波長を出す「防蛾灯」という特殊な蛍光灯を園内全域に敷設し、大切な実を守っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA